トップ

肩こりと冷え症を解消

冷え性と肩こりの密接な関係

冷え性が原因の肩こりとは

肩こりに悩まされている人は多いでしょう。仕事などで、同じ姿勢を長時間とり続けていると、肩がこりやすいと言われています。比較的症状が重い場合には、湿布を貼ったり、鎮痛剤を飲んでいる人もいるでしょう。肩こりの原因によっては、湿布や鎮痛剤で改善されることもあります。しかし、なかなか症状が改善されず、困っている人が少なくありません。

肩こりに悩む人の中には、冷え性に関する悩みも抱えている人もが多い傾向にあります。特に女性の場合は、その傾向が顕著でしょう。冷え性と肩こりはそれぞれ別個の悩みだと考えている人も多いですが、冷え性と肩こりとの間には密接な関係があります。そのため、冷え性が改善されれば、同時に肩こりの悩みからも解放されることが多いです。冷え性にお悩みならこちら。

身体が冷えている場合には、冷えている箇所の血流が悪くなっていることが多いです。そのため、身体の隅々まで十分に血液が行き渡らない状態が続きます。そうなると、筋肉に栄養が届きにくくなり、老廃物もたまりやすくなるのです。それが原因でコリが生じてしまいます。冬に身体が冷えやすいため、冬場は肩こりの症状が酷くなりやすい傾向にあります。また、オフィスなどで仕事をしている人は、夏場も過度な冷房により身体が冷えやすいでしょう。長時間同じ姿勢で仕事をしていて、身体を動かす機会も少ないため、肩こりが酷くなりやすいのです。

湿布や鎮痛剤は、筋肉の緊張など冷え性以外のことが原因で発症する肩こりなら効果がありますが、こうした冷え性が原因で起こる肩こりには、ほとんど効きません。改善を図るには、冷え性の原因を探り、冷え性そのものを治すことが大切です。自分の普段の生活や職場の環境などを見て原因を探ってみましょう。

Copyright © 冷え性と肩こりの密接な関係. All rights reserved.